現場レポート

大阪府摂津市 外壁塗装工事 付帯部 ガラリ、雨樋金具のケレン〜錆止め塗装

2021.11.14

雨樋の塗装の画像

大阪府摂津市の外壁塗装工事の現場にて付帯部のガラリと雨樋金具のケレン〜錆止め塗装を行いました。

付帯部は今回ご紹介するところ以外にもたくさんありますので、塗装されるときはどこを塗装するのかご自分でも把握しておきましょう。

 

【塗装箇所は見積もりの内訳を見ましょう!】

外壁や屋根の他にも付帯部という箇所も塗装工事にはあります。

付帯部は建物によって違いますので、ご自分でも塗装する場所は知っておくことが大切です。

 

付帯部には雨樋やガラリの他にもシャッターや破風板、軒天井、ベランダ笠木や手すりなどがあります。

塗装工事をされる際は見積もりを業者からもらうかと思います。

 

塗装する場所については見積もりの内訳に記載されているものですので、工事を行う前に内容をよく確認しておくことをお勧めします。

 

見積もりはできるだけ詳細に書かれていることが望ましいです。

見積もりに含まれていないところがあるのを工事が始まってからわかると、トラブルに発展してしまう恐れがあります。

 

見積もりや工事のことでわからないことがありましたら、そのままにしないように業者に相談して解消しておきましょう。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

【雨樋金具・ガラリの塗装】

雨樋の塗装の画像

 

こちらの現場では雨樋の固定金具が鉄製のものでした。

鉄製の固定金具は劣化してくると錆びてきて破損してしまうことがあります。

 

塗装をするときは錆止めを塗ってから仕上げていきます。

雨樋は破損しているところがあると水漏れや風に飛ばされてしまう被害が起きますので、塗装前にしっかり直しておきましょう。

 

雨樋についてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

ガラリのケレンの画像

 

続いてガラリの塗装です。

塗装をするときは鉄部や外壁など塗装する箇所関係なく下地処理をしっかり行なっていくことが大切です。

下地処理は塗装の基本で、長持ちさせるために重要な工程ですので、念入りに行います。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

ガラリの塗装の画像

 

下地処理完了後は錆止めを塗布します。

錆止めはシーラーと同じ付着性を上げる性能もあります。

塗装は下地にしっかりくっついていることが大切です。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る