外壁塗装ブログ

外壁塗装は必要?工事のタイミングはいつがベスト?

2022.3.15

「外壁塗装はしていかなきゃいけないって聞くけど・・・どうして?」

 

「塗装工事をするタイミングはいつがいいのかわからない」

 

という声をよく聞きます。

 

塗装はしなきゃいけないといわれてもどうして必要なのか詳しく知っている方は少ないかもしれません。

 

塗装をする理由が曖昧だとメンテナンスの時期がきても、工事にかかる費用を考えちゃうとどうしても工事をしようか躊躇しちゃいますよね。

 

そこで今回は外壁塗装の必要性と工事を行うタイミングについてを解説していきたいと思います!

 

【塗装の劣化は建物の寿命を縮める原因に!】

大阪府大阪市住吉区 府営住宅 外壁塗装・防水工事 外壁目地 シーリング(コーキング)工事 (1)

 

塗装は建物の見栄えのためだけにするものではありません。

ですから「外壁や屋根が汚れていても気にしないから塗装は必要ない」というのは間違いなんです。

たしかに建物の美観性を維持するためには塗装が必要です。

 

しかし、塗装をする目的は美観だけでなく、建物を保護する役割もあります。

 

塗装が建物を保護するというのは、いまいちピンとこないかもしれません。

なぜ塗装が建物を保護できるかといいますと、建物に使う塗料は樹脂を配合し、塗膜を作るからです。

 

この塗膜が建物を風雨から守り、状態を維持しています。

建物の外壁はモルタルやサイディング、ALCなどいろいろな種類があり、どれも塗装や特殊なコーティングで水が染み込まないようにしてあります。

 

しかし、この塗装やコーティングは経年劣化してきますから、年数が経ってくると防水性能を落とし、水が染み込んできます。

水が染み込む状態が続けば、外壁は脆くなってくるばかりか、雨漏りを引き起こしてしまいます。

 

このように塗装の劣化が建物の性能を落とし、雨漏りのリスクを高め、寿命を縮める原因になってしまうため、定期的に塗装が必要ということです。

 

雨漏りについてはこちらの「雨漏りを放置すると危険!」をご覧ください。

 

【劣化症状は塗装が必要なサイン】

クラックの画像

 

それでは塗装が必要な理由についてご説明したところで、次はいつ塗装をするタイミングなのか解説していきます。

 

塗装が必要なサインの一つが劣化症状です。

 

塗装が古くなってくると様々な劣化症状が出てきますので、もし建物にこれからお伝えする症状が見られましたら塗装をご検討ください。

 

【塗装が必要な劣化症状】

・チョーキング

・塗装の浮きや剥がれ

・塗装の色あせ

・外壁のひび割れ

・汚れやカビ、コケの付着

・鉄部のサビの発生

・木部の腐食

 

上記の症状が見られる場合は塗装の性能が落ちているサインです。

「汚れているくらいなら塗装は劣化していないのでは?」と思うかもしれませんが、今の塗料には汚れがつきにくい性能を備わっています。

 

水洗いしても汚れが落ちないようでしたら、汚れが付着しやすくなっている可能性があります。

また、劣化症状で確認しやすいのがチョーキングです。

 

チョーキングとは塗料に含まれる樹脂が劣化して顔料が白い粉となって浮き出てくる症状です。

チョーキングが起きていると塗装の機能は低下している証拠のため、再塗装を検討しましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」もご覧ください。

 

【塗装の周期は10年が目安】

 

劣化症状の他に塗装を考える目安があります。

それが年数です。

新築または塗装をしてから10年が経ちましたら、塗装も劣化症状が出てくる時期です。

 

まだ劣化しているように見えなくても、目視では確認できないところで劣化症状が出ている可能性がありますので、10年経ちましたら一度塗装業者に建物を点検してもらうことをおすすめします。

 

当社は無料で建物診断を実施しております。

お家のメンテナンスのことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

【塗料のグレードをあげればメンテナンスサイクルが延びる】

塗料の画像

 

塗装は10年周期が目安とお伝えしましたが。ひとつ注意があって、それは塗料の種類によって耐用年数が違うということです。

塗料はいろいろな種類があり、以下の塗料があります。

 

・ウレタン塗料

・シリコン塗料

・フッ素塗料

・ラジカル制御式塗料

・無機塗料

・光触媒塗料

など

 

劣化症状と年数は次に塗装をするタイミングの目安になりますが、使用した塗料に合わせてメンテナンススケジュールを考えておくことが大切です。

 

これから塗装工事をされる方は、使用する塗料がどれくらい保つのか業者から聞いて、将来的に必要になる塗装の回数やメンテナンスの計画プランを立ててもらいましょう。

 

塗料についてはこちらから

 

【外壁塗装と一緒に行っておきたいメンテナンス工事】

上塗り

 

建物のメンテナンスは外壁塗装だけではありません。

コーキングや雨樋、屋根なども古くなってきますから、こちらも定期的にメンテナンスが必要です。

外壁塗装は高いところの作業がありますので、足場を必ず設置します。

 

足場が必要なメンテナンス工事はいろいろありますから、せっかく足場を設置するのなら他の高所作業となるメンテナンスも一緒に行っておくのがコストの節約になります。

 

足場代は一回の設置で20〜25万円と高額です。

足場を設置すればいくらでも他の工事をしても足場の金額が上がるということはありませんが、別々に工事をした場合はまた足場を設置するため、1回目と同じように20〜25万円の足場代がかかってしまいます。

足場は設置面積が大きくなるほど価格は高くなり費用の負担も大きいです。

 

できるだけ一回の足場設置だけでまとめて工事をしておく方がコストの節約になりますので、これから外壁塗装を考えている方は、一緒にできるメンテナンス工事がないか探しておきましょう。

 

外壁工事と一緒に行っておくといいのは以下の工事がおすすめです。

 

【外壁工事と一緒におすすめしたい工事】

・屋根塗装

・屋根の葺き替えまたはカバー工法

・コーキングの打ち替え

・雨樋補修または交換

・木部の腐食などの補修

・屋根板金工事

など

 

当社はお家のメンテナンス工事を承っておりますので、これからメンテナンス工事を考えているという方はお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る