外壁塗装ブログ

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

2022.4.30

建物は風雨にさらされていますからしっかり防水されていないと雨が中に入ってきてしまいます。

建物の防水でよく使われているのがコーキングです。

 

窓や外壁の目地など隙間がある場所にはコーキングが打たれているので古くなっていたり、痛んでいたりしていましたら新しくメンテナンスをしましょう。

 

ずばりコーキングのメンテナンスのタイミングは外壁塗装と一緒がおすすめ!

 

足場が必要なのと、作業が被るメンテナンスですので、これから外壁塗装をお考えの方はぜひコーキングのメンテナンスもご検討してみてください。

 

それでは、今回はコーキングの劣化症状やメンテナンスのタイミング、劣化したままにしておくことのリスクなどを解説していきます!

 

【コーキングとは?】

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

 

コーキングはシリコンやウレタンなど樹脂を使った防水剤で、窓などの開口部の隙間埋めや外壁目地の緩衝材として使用される防水と気密をとるための材料です。

 

コーキングを注入するときは液体状になっているため場所を選ばずに使用することができます。

時間が経つと固まってきてゴムのように弾力がでます。

 

コーキングのことをシーリングとも呼び、業者によって呼び方はさまざまです。

二つ呼び方があると紛らわしいかもしれませんが、塗装工事では両方とも同じ意味で使われています。

 

防水工事についてこちらから

 

【コーキングの劣化症状と耐用年数】

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

 

コーキングが新しいときはゴムのように伸縮性がありますから、建物の揺れに追従し、サイディングやALCなどの外壁材の緩衝材となります。

 

また、撥水性もありますから水が屋内に染み込むことはありません。

しかし、コーキングも永続的なものではなく、年数が経つにつれて徐々に劣化してきます。

 

コーキングが劣化すると以下の症状がでてきますので、メンテナンスをご検討していただくサインとなります。

 

【コーキングの劣化症状】

・ひび割れ

・破断

・肉やせ、隙間

・浮き

・剥がれ

・汚れの付着

など

 

コーキングの耐用年数は5〜10年ほどです。

 

コーキングはそこまで耐用年数が長いわけではありませんので状態には注意が必要です。

最近では耐久性を高めたコーキングが販売されておりますので、もっとコーキングを長く保たせたいという方は長寿命型のコーキングを選ぶことをおすすめします。

 

当社は長寿命型のコーキングも扱っておりますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

【コーキングのメンテナンスをしないとどうなる?】

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

 

コーキングは建物の防水のために施工されていますから、古くなっていたり、劣化していたりしたらなるべく放置しないことをおすすめします。

 

とくに注意しておきたいのが雨漏りです。

 

雨漏りによる建物への被害は大きく、以下のリスクがありますのでご注意ください。

 

【雨漏り被害】

・構造体の腐食

・シロアリ被害

・電気配線のショートでの火事

・壁紙やフローリング、畳など内装材の損傷

・カビの発生

・家具や家電の損傷、故障

 

雨漏りは建物への被害が大きくなるだけでなく、工事規模も大きくなる傾向にありますので、なるべく雨漏りさせないことが大事です。

 

コーキングのメンテナンスをしないと雨漏りのリスクが高くなるため、メンテナンスをせずに痛んだ状態のまま放置しないようにしましょう。

 

【タイミングは外壁塗装と一緒がおすすめ!】

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

 

それではコーキングのメンテナンスはいつにすればいいのか気になりますよね。

おすすめは外壁塗装のタイミングです。

なぜ外壁塗装と一緒がいいのかというと以下の理由があります。

 

【外壁塗装と同じタイミングでメンテナンスをした方がいい理由】

・足場を設置するため一緒にメンテナンスをすればコストを抑えられる

・塗装と作業が重なるため

・メンテナンススケジュールを合わせることができる

 

まとめて工事をすることでコストを抑えられ、メンテナンススケジュールも合わせることができるため効率良くメンテナンス工事をすることができます。

 

塗装と別々に工事をしてしまうと劣化速度にズレができて、メンテナンススケジュールが合わなくなってしまうため、できるだけ一度の工事でメンテナンスを済ましておく方が効率が良くなります。

 

また、足場の設置も一回で済みますから、メンテナンスのたびに足場を立てるよりもトータルコストが安くなります。

 

足場代は15〜25万円ほどと高額ですから、一回の工事でできるだけまとめて工事をしておく方が費用を安く抑えられます。

 

足場代とコストについては「外壁と屋根はセットでおトク」でお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧ください。

 

【メンテナンス工事をお考えの方はお気軽にご相談ください!】

コーキングのメンテナンスは外壁塗装と一緒に!工事のタイミングも解説!

 

建物は経年劣化してきますから、状態を維持するために定期的にメンテナンスが必要です。

今回ご紹介したコーキングは水に関わるところですので、とくに状態には注意しておきましょう。

 

コーキングが劣化していると雨漏りのリスクが高くなりますから、被害を出さないために劣化する前にメンテナンスをご検討していただくことをおすすめします。

 

なかなかコーキングを見ただけではメンテナンスが必要かどうか判断することが難しいかと思います。

 

当社は無料で建物診断を行なっておりますので、お家のメンテナンスのことでなにかお困りのことがございましたらぜひご相談ください!

 

診断後はお客様に最適な工事プランやメンテナンススケジュールなどをご提案させていただきます。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る