現場レポート

大阪市西区 外壁塗装工事 塗料の種類について

2021.10.10

外壁塗装の画像

本日の現場レポートは大阪府大阪市西区の現場をご紹介いたします。

塗装工事に使う塗料はいろいろな種類がありますので、今回はこちらの現場で使用した塗料をご紹介していきます。

 

外壁塗装に使う塗料は、下塗り剤と仕上げ剤があります。

塗装工程は下塗りをしてから上塗りを2回行うのが一般的ですが、下塗りの工程に下塗り剤を使用します。

下塗り剤は塗料と下地の密着性を高める役割があり、シーラーやフィラーなどの下塗り剤があります。

 

塗装する素材や状態によってシーラーかフィラーを使い分けますので、現場の状態をよく確認して材料選定することがとても大切になってきます。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、メンテナンスの際はお気軽にお声がけください。

現地にて建物の状態や必要なメンテナンスなどをご提案させていただきます。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

塗料の画像

 

上記の写真はこちらの現場で使用する塗料です。

下塗り剤と仕上げ剤があります。

 

通常は一斗缶サイズで塗料を発注し、建物の面積に合わせて用意しますが、劣化が進んでいる場合などは塗料を多く吸ってしまうこともありますので余分に必要になることが多いです。

塗装はおよそ10年で劣化症状が出てきますので、劣化するサインを見逃さないようにしましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

セラミックシリコンはシリコン樹脂にセラミックを配合した塗料。

現在主流となっているシリコン樹脂塗料でして、耐久性に優れ、超低汚染性の性能も持ち合わせています。

 

この塗料は水性ですのでシンナーの刺激臭がなく、臭いが気になる方におすすめできる塗料です。

塗料には溶剤と水性がありますので、シンナーの臭いが気になる方は水性塗料を選ぶといいでしょう。

水性塗料も年々性能が向上しております。

 

色選びはカラーシミュレーターがお勧めですので、ぜひこちらの「カラーシミュレーター」をご覧ください。

 

塗料の画像

 

仕上げ剤は同じでも塗装する素材によって下塗り剤が異なります。

上記の写真は鉄部に使う下塗り剤です。

この塗料はプライマーと錆止めの性能がありますので、鉄部の下塗り剤に使います。

 

鉄部の塗装の画像

 

鉄部の他に外壁にもモルタルやサイディング、タイルなどがあり、それぞれ適した塗料がありますので、外壁塗装をする際は建物の素材や状態、環境に合った塗料を選びましょう。

 

塗料のことをもっと知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る