現場レポート

大阪府摂津市 付帯部 シャッターの下地処理ケレン〜上塗り

2021.11.25

シャッターケレンの画像

大阪府摂津市の付帯部シャッターの下地処理ケレン〜上塗りを行いました。

こちらの現場のシャッターはスチールでしたので、経年劣化で塗装が色褪せてしまっている状態でした。

 

シャッターを触ると白い粉が付着しましたので、劣化症状が進んでいるサインです。

建物は年数が経つといろいろな劣化症状が出てきますので、塗り替えのサインを見逃さないことが大切です。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状は要注意」もぜひご覧ください。

 

それでは本日行いました塗装作業をご紹介していきます!

 

【シャッター 下地処理ケレン〜上塗り】

シャッターケレンの画像

 

塗装は最初に下地処理を行なって塗装の付着力を上げていきます。

上の写真はケレンを行なっている所です。

写真を見ていただくと分かるかと思いますが、ちょっと研磨しただけで下塗りの錆止めが出てきてしまいました。

 

上塗り剤が劣化してほとんど塗膜がない状態ということです。

この状態だと水は浸透してくるため、シャッターのような鉄製のものは錆びてきてしまいます。

特に水が下に伝って溜まりますので、シャッターの下部が朽ちてしまうこともよく起こっています。

 

シャッターケレンの画像

 

シャッターのスラットの他にボックスのところも塗装をしますのでケレンを行います。

下地処理は塗装の耐久性に関わる工程ですので念入りに行うことが大切です。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

シャッター塗装の画像

 

下地処理が完了したら塗装の工程です。

スラットはくぼみがありますので、塗装が塗られていないところができないように丁寧に塗っていきます。

 

シャッター塗装の画像

 

今回はハケとローラーを使って塗装しました。

スプレーガンで施工する吹き付け塗装で仕上げることもあります。

現場の施工状況や状態によって適した塗装方法で行うことが大切です。

 

【下地処理の重要性】

下地処理の重要性は外壁や屋根の他に今回塗装をしたシャッターのような付帯部も同じことです。

付帯部でも塗装が剥がれてしまったら、そこのところから劣化が進みますので、損傷が大きくなれば塗装ではカバーできず、交換が必要になってしまうことになり、その分の費用が掛かってしまいます。

 

大切なことは付帯部も含めて同じくらいの劣化速度で進み、同じタイミングでメンテナンスできることです。

 

メンテナンススケジュールが合っていれば何回も工事を行わずに済み、余計なコストを掛けてしまう心配もありません。

 

そのために長持ちする塗装に仕上げる必要があり、長く保っていける塗装にするためにも下地処理を念入りに行なっていくことがとても重要です。

 

下地処理のケレンについてはこちらの「塗装工事におけるケレン作業の重要性、その役割とは。」でお伝えしておりますので、ぜひこちらもご覧になってください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る