現場レポート

大阪府摂津市 外壁のクラック補修 Uカット〜シーリング〜樹脂モルタル充填

2021.11.26

施工前の画像

大阪府摂津市の現場にてモルタル外壁のクラック補修、Uカット〜シーリング〜樹脂モルタル充填を行いました。

クラックは建物の耐久性に関わりますので、もしクラックが生じていましたら塗装を行う前に補修する必要があります。

 

クラックにはヘアークラックと構造クラックがあり、損傷の程度で分類されます。

補修方法も異なりますので、損傷に合わせて適した補修を行うことが大切です。

それでは本日行いました外壁クラック補修の作業をご紹介していきます!

 

【外壁クラック補修 Uカット〜シーリング充填】

クラックが外壁の奥まで起きている場合は、グラインダーを使って外壁をカットしていきます。

ヒビが奥まではいっている場合、表面だけ補修しても建物の揺れに追従できず損傷を起こしてしまいます。

ヒビがはいっているところまで切断するのをUカットまたはVカットといいます。

 

外壁クラック補修の画像

 

外壁をカットできたらシーリングを充填していきます。

シーリングの密着性を良くするためにプライマーをカットした部分に塗ります。

また、切断部は削った外壁の粉や埃などが付着してますので、先に掃除をしてきれいにしておくことが大切です。

 

外壁クラック補修の画像

 

プライマー塗布後はシーリングを充填します。

シーリングはコーキングとも呼び、塗装工事ではよく使う防水材です。

 

硬化するとゴムのように弾力性が出ますので、外壁に対して追従性を持たせることができます。

コーキングを充填したらヘラで表面を均します。

この後は樹脂モルタルで平滑にしていきますので、溝よりも少し窪ませておきます。

 

コーキング打ち替えなどの工事はこちらの「コーキングについて」もぜひご覧ください。

 

施工前の画像

 

樹脂モルタルを充填したら外壁に合わせて平滑にします。

この状態だと補修跡が目立ってしまいますが、塗装をすれば目立たなくなります。

 

補修後に部分塗装をすることも可能ですが、どうしても新しく塗装をしたところと塗装が古くなったところで見栄えに違いが出てきてしまいます。

外壁の損傷があって補修が必要な場合は建物全体の塗装をすることをお勧めします。

 

【劣化症状は塗装のサイン】

建物は風雨にさらされていますので、年数が経つといろいろな劣化症状が出てきます。

塗装の他にもシーリングの劣化も出てきますので、メンテナンスのサインを見逃さないようにしましょう。

 

劣化症状にはチョーキングや今回お伝えしたクラック、汚れの付着などがあります。

このような劣化症状がありましたら、メンテナンスをする時期となりますので、まずは専門業者に相談しましょう。

 

当社は無料で建物診断を行っておりますので、お家のことで何かお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根・外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る