現場レポート

大阪府門真市 破風板継ぎ目のシーリング打ち

2022.2.4

施工後の画像

大阪府門真市にて破風板の継ぎ目のシーリング打ちを行いました。

破風板は1枚の板が取り付けられているのではなく、何枚か継いで取り付けられています。

 

継ぎ目はどんなにピッタリと合わせてもわずかな隙間ができてしまいますから、水が入らないようにシーリングを打って塞いでおきます。

それでは本日は破風板の継ぎ目のシーリング打ちの作業をお伝えしていきます!

 

【破風板継ぎ目 シーリング打ち】

バックアップ材の画像

 

今回施工したところは深さがありましたので、バックアップ材を挿入しました。

バックアップ材とはシーリング工事に使う深さ調整材です。

 

あまりに充填箇所に深さがあると、シーリングが硬化した時に痩せてしまって段差ができてしまいます。

充填箇所に深さがある場合は平らに仕上げられるようにバックアップ材を挿入してからシーリングを打つ必要があります。

 

プライマー塗布の画像

 

次はプライマーを塗ります。

施工箇所の両端にシーリングがつかないようにマスキングテープを貼りました。

 

養生についてはこちらの「塗装工事の流れ」でもお伝えしておりますので、良ければこちらもご覧ください。

 

施工後の画像

 

プライマーを塗ったらシーリングを打ちます。

最後にマスキングテープを剥がして作業完了です。

ここは後で塗装をしますので、塗装を弾かない変性タイプを使いました。

 

シーリング工事についてはこちらの「コーキングについて」もご一緒にご覧ください。

 

【塗装工事をするときはシーリングも新しくして防水性を向上させましょう】

シーリングは今回施工した破風板の他に部材の取り合いや外壁目地などいろいろなところに施工されています。

建物の防水を担っている大事な工事ですので、年数が経っていたり、古くなっていましたら外壁塗装と一緒にメンテナンスしておきましょう。

 

高所にあるシーリングは足場が必要になりますから、外壁塗装のような足場があるときに行っておくとトータルコストの節約になります。

 

足場は設置ごとに費用が掛かりますから、費用を抑えるためにもできるだけまとめて工事を行うことをおすすめします。

 

足場についてはこちらの「外壁と屋根はセットでおトク」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る