外壁塗装ブログ

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

2022.6.30

屋根塗装をするときは補修も一緒に行っていますか?屋根材のスレートはセメントと繊維質を混ぜ合わせた軽量な屋根材。軽い特徴がありますが、その分厚みも5mmほどと薄くなっています。経年劣化しているとひび割れや欠けなどの症状がでてきます。破損を起こしている状態で塗装をしても仕上がりは良くありません。

 

もしかすると破損しているところからさらに被害を広げたり、風に飛散して近隣の建物を傷つけてしまう恐れがあるかもしれません。この記事ではスレート屋根の塗装をする際に補修をしておく重要性についてお伝えしていきたいと思います。

 

【スレート材の劣化症状】

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

スレートは基材に塗装を施して風雨から保護しているため、塗装が摩耗していると水を吸って劣化を早めてしまいます。劣化症状が出ている場合はメンテナンスのタイミングとなりますので、そのサインを見逃さないようにしましょう。以下にスレートの劣化症状を書きましたのでご覧ください。

 

【スレート材の劣化症状】

・ひび割れ

・欠け

・苔や汚れの付着

・塗装の色あせ

 

汚れや苔の付着、塗装の色あせは塗り替えのサインとなります。セメントを原料としていますので、基材自体は水を吸う性質があり、塗装が剥がれたままにしていると劣化を早めてしまいます。そのまま放置することはひび割れや欠け、大きな破損へと発展してしまう恐れがありますのでご注意ください。

 

屋根塗装をする際はこういったスレートの損傷を補修しておく必要があります。それでは次にスレートの補修方法をお伝えします。

 

【スレートの補修方法】

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

スレートの補修方法は「ひび割れ補修」と「スレート材の差し替え」の二つの方法があります。以下に各補修方法を具体的に解説します。

 

【ひび割れ補修】

スレートのひび割れはコーキングを充填して補修することができます。経年劣化した屋根は汚れが付着していますから、コーキングを打設する前にハケなどで埃や砂などを払っておかないと密着性が落ちます。清掃後はさらに下地への密着性を高めるためにプライマーで下塗りをしておくとコーキングが剥がれにくくなります。

 

コーキングを充填するときはスレート材と同じ高さになるようにヘラなどで平らに均しておくと塗装後もきれいな仕上がりになります。ひび割れの他に小さく欠けているくらいならコーキングで接着して補修することができます。ただし、欠けた部分がなくなっていると補修ができなくなってしますので、欠片は大事に取っておきましょう。

 

【スレート材の差し替え】

スレートが大きく破損してしまっている場合は差し替えで補修します。スレート材の差し替えとは、特殊な工具を使って一枚だけスレートを剥がして、類似するスレート材をそこに差し込む補修方法です。ひび割れや小さな欠けの補修よりは、新しい屋根材を用意することもあってコストが掛かりますが、破損しているところがなくなり、塗装後も見栄えが美しく仕上がります。

 

【スレート材を補修せずにするとどうなる?】

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

なぜ屋根塗装をするときにスレート材の補修も行なっておいた方がいいのかというと、不具合を起こしているところをそのままにするのは、メンテナンスを行う上で根本的なことを改善していないからです。屋根塗装は屋根の性能を向上させ、これからも長く維持していけるようにするためです。

 

それなのに不具合を起こしていたり、破損していたりする場所を残してしまうのは、後々トラブルを起こすかもしれないという懸念材料を残すということです。スレートが破損していると欠片が風に飛ばされて近隣の建物や車にぶつかり傷つけてしまうかもしれません。

 

また、大きく破損し、ルーフィングが露出していると大変です。飛来物などでルーフィングを傷つけてしまったら雨漏りを引き起こしてしまいますから、大きく破損している場合は早期に修理しておくことをおすすめします。破損または不具合を起こしているスレートを補修せずにそのままにすることは、屋根の劣化を早めることにつながりかねません。

 

また、被害を広げる原因にもなってしまいますから、屋根塗装にかぎらず屋根工事をするときはスレートも一緒に補修しておくことをおすすめします。

 

雨漏りについてはこちらの「こんな症状が?屋根に登らなくてもわかる雨漏りのサイン」もご参考にしてください。

 

スレートのひび割れについてはこちらの「下地調整の重要なポイント4 ひび割れ、クラック補修(屋根)」もご参考にしてください。

 

【屋根材と一緒に棟板金の補修もしましょう】

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

スレート補修と一緒に棟板金の補修も行なっておきましょう。棟板金も台風など強風が吹く時期になると被害の多い場所です。棟板金とは屋根の一番上を指す棟に被せてある板金のことです。ここは風にあおられたり、太陽の熱による伸縮、膨張、風雨により不具合を起こします。

 

棟板金を固定している釘が抜けていたり、下地が腐食していたり、コーキングが劣化していたりなど、経年劣化でいろいろな症状がでていますから、被害が出る前に補修しておきましょう。

 

【屋根塗装をお考えの方は無料点検をご利用ください!】

スレート屋根を塗装するときは補修も一緒にしましょう!

屋根は風雨にさらされているためダメージも蓄積しています。雨漏りのリスクもありますから、状態には注意しておきたいところ。しかし、屋根は高い場所にあるため、劣化や損傷があっても気づかずにそのままにされてしまうことが多いです。

 

劣化が進むと放置された分だけ被害が広がり、工事規模も大きくなります。工事する範囲が広ければコストもかかってしまいますから、なるべく劣化が進む前にメンテナンスしておきたいのが理想です。そこで適切なタイミングでメンテナンスができるように定期的に屋根点検を実施することをおすすめしたいです。

 

ドクターホームズは無料で診断を実施しています。診断後は屋根の状態や必要な工事についてをご説明させていただきますので、屋根塗装などお家のメンテナンス工事をお考えの方はぜひご利用ください。

 

無料診断の詳しいことについてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る