現場レポート

大阪府摂津市 外壁クラック補修 コーキング充填〜モルタル塗り〜フィラー塗布

2021.11.12

フィラー塗装の画像

大阪府摂津市の現場にて外壁クラック補修、コーキング充填からモルタル塗り、フィラー塗布の作業を行いました。

それでは外壁クラック補修の作業を見ていきましょう!

 

【クラック部 コーキングの充填】

コーキング充填の画像

 

前回の現場レポートでクラック部の清掃を終えていますので、次はクラック部にプライマーを塗布して、コーキングを充填していきます。

 

プライマーは接着剤の役割があり、コーキングが下地から剥がれにくくします。

コーキングは変性タイプを使っています。

 

コーキングにもいろいろ種類があり、変性タイプのものは塗料を弾かないため、コーキングの上に塗装をすることができます。

 

変性タイプのコーキングは塗装工事によく使われますので、これから塗装をされる方は知っておきましょう!

 

こちらの「コーキングについて」もご一緒にご参考にしてください。

 

コーキング均しの画像

 

コーキングを充填したらハケで表面を均します。

この後にモルタルを塗っていきますので、コーキングは少し段差ができるようにしておきます。

 

【クラック部 モルタル塗り】

モルタル塗りの画像

 

クラック部にモルタルを塗ります。

クラックの大きさを見ると補修した跡が目立ってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、モルタルを塗って外壁を平らにしてますので、この後に塗装をすれば補修跡はほとんど目立たなくなります。

 

モルタル外壁はサイディングのようにボードで構成されているわけではありませんので、部分的に補修することが可能で、メンテナンスのしやすい外壁です。

 

モルタル外壁特有の模様を施すことができますので、サイディングにはない外観をモルタル外壁は演出することができます。

塗りたてのモルタルは水分が残っていますので、数日間おいて乾燥させておきます。

 

【フィラー塗布】

フィラー塗装の画像

 

モルタルが乾いたらフィラーを補修したところに塗っていきます。

なぜフィラーが必要かというと塗布面を平滑にすることと、建物の揺れに対して追従性を持たせる為です。

 

補修したところは揺れによる衝撃に弱いため、ある程度追従できる状態にしておかなければいけません。

衝撃をそのまま受けてしまうと、またクラックが生じて塗装も割れてきてしまうため、揺れによる衝撃を和らげるためにフィラーを塗って追従できる状態にします。

 

それではフィラーまで塗れたら、今度は外壁全体を塗装していきます。

本日の現場レポートはここまでになりますが、この続きは次回の現場レポートでご紹介します。

ぜひ次回もご覧ください!

 

外壁塗装工事をご検討している方はこちらの「外壁塗装」をご覧ください。

 

当社についてはこちらの「皆様から選ばれる理由」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る