外壁塗装ブログ

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

2022.8.31

外壁塗装はただ塗料を塗るだけのように見えますが、塗料の扱い方や塗り方など色々あり、正しく施工しないと不具合を起こしてしまいます。塗装方法は「刷毛塗り」「ローラー塗り」「吹き付け塗装」の3つの工法を状況に応じて使い分けるのが一般的です。今回は外壁塗装で用いられる塗装方法の種類をお伝えします。

 

【塗装方法の種類】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

塗装方法は「刷毛塗り」「ローラー塗り」「吹き付け塗装」の3種類が基本です。この他にもコテ塗りがありますので、こちらも加えて各塗装方法の特徴やメリット・デメリットをお伝えしていきます。

 

【刷毛塗り】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

刷毛塗りは昔から用いられる塗装方法。なによりも職人の技量が最も出るとも言ってもいい塗装方法です。細かいところを塗装するのに適していて、塗料の飛散がなく、タッチアップなどの部分的に塗装をするときに活躍します。刷毛には寸胴刷毛、ダメ込み刷毛など種類があり、職人はいろいろな種類の刷毛を複数本所持しています。刷毛塗りは塗膜の膨れなど欠陥が少ないのも特徴です。しかし、刷毛ムラが出るため、美しく仕上げるには職人の技術が試されます。塗装工事は外壁や雨戸などの広い面だけでなく、水切り、手すりなどの細かい部分の塗装もあり、活躍する頻度も高い塗装道具です。

 

メリット デメリット

・塗料の飛散が少ない

・細かな箇所の塗装ができる

 

・広い面の塗装は向いていない

・時間がかかる

・職人の技量で仕上がりが左右される

【ローラー塗り】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

塗装工事のほとんどはローラー塗りで行います。ローラーハンドルと様々な種類があるローラーを組み合わせて使います。ローラーはウールローラー(羊毛ローラーとも呼ばれています)、マスチックローラー(砂骨ローラーとも呼ばれています)などがあり、それぞれ塗装する面や使用する塗料で使い分けます。各ローラーの特徴は以下になります。

 

【ウールローラー(羊毛ローラー)】

羊毛を使ったローラーで、現在ではポリエステルやアクリルなどの繊維を使っているものが多いです。平らな面を塗装するときに適し、基本的な塗装はウールローラーを使います。ウールローラーには短毛(5mm前後)と中毛(13mm前後)長毛(20mm)以上があり、万能的に使える中毛を中心に使います。

 

【マスチックローラー(砂骨ローラー)】

ローラーに空洞を設けているため、たくさん塗料を取り込むことができ、厚塗りや粘度の高い塗料を塗装するときに適しています。塗装すると独特な模様を付けることができ、外壁にパターン付けが必要なときにも用いられます。マスチックローラーにも粗目と細目の種類があり、粗目はさざなみ模様、細目はゆず肌模様を外壁につけることができます。

 

ローラー塗りは扱いやすく、塗料が飛散する心配もありません。吹き付け塗装と比べると施工スピードは劣りますが、塗料の無駄が少なく、塗装屋の必需品です。

 

メリット デメリット

・塗料の飛散がない

・扱いやすく万能

・塗料の無駄が少ない

・厚く塗ることができる

・部材に合わせて複数のローラーを用意する必要がある

・吹き付け塗装よりも作業時間はかかる

【吹き付け塗装】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

コンプレッサーとスプレーガンを組み合わせて使う機械塗装が吹き付け塗装です。コンプレッサーに接続して空気の力で塗料を吹き付けて塗装します。広範囲に塗装ができ、作業効率が高い特徴があります。また、リシンやスタッコ、タイル、石材調塗料などの外壁にパターンをつける時にも吹き付け塗装は用いられます。均一に塗装ができ、美しく仕上げられますが、難点は塗料の飛散があり、まわりを養生する手間があります。コンプレッサーの機械音も発生しますので、騒音にも注意しておく必要があります。

 

メリット デメリット

・広範囲に塗装ができ作業時間が短い

・均一に塗装ができて美しい仕上がり

・塗料の飛散が多い

・塗料の無駄がある

・まわりの養生が必要

・機械音が発生し、騒音に注意が必要

【コテ塗り】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

コテ塗りというと左官のイメージがあるかもしれませんが、塗装工事でもコテを使う場面があります。主に使用用途が多いのは、外壁の補修が必要な時です。モルタル外壁は、経年劣化でクラックが入ることがあり、その補修にモルタルを塗ることがあります。

 

クラック補修についてはこちらの「外壁にあるクラックは大丈夫?そのままにしてしまう危険性と補修方法」をご覧ください。

 

アイカ工業のジョリパットはコテ塗りで仕上げることができます。ローラーや刷毛では出せない、コテ独特の意匠性は趣があり、味わい深い仕上がりになります。美しく材料を塗るには、高い技術が必要で、すべて手作業で塗っていくため、作業時間もかかります。

 

メリット デメリット

・独特な意匠性で美しい仕上がり

・様々な模様を施せる

・美しく塗るには高い技術が必要

・作業時間がかかる

・材料の取り扱いを間違えると施工不良を起こす

 

外壁塗装をお考えの方はこちらの「外壁塗装は必要?工事のタイミングはいつがベスト?」もご覧ください。

 

【様々な場面に適した塗装方法をとることが重要です!】

塗装方法はローラー塗り、刷毛塗り、吹き付け塗装の3種類!特徴とメリット・デメリット

塗装方法になんで種類があるの、と疑問に思うかもしれませんが、塗装方法を使い分けているのは、塗装状況や使用する塗料に合わせて適した方法をとっているからです。刷毛塗りは細かなところを塗装する時に向いていますが、外壁を塗るには広範囲すぎるためローラー塗りや吹き付け塗装の方が適しています。また、粘度の高い塗料は吹き付け塗装ではなくマスチックローラーで塗装する方が適しています。このように塗装する場面や塗料に合わせて、最良な塗装方法をとることが大切です。ドクターホームズはお住まいのメンテナンスのことで気になることやわからないことなどご相談をお待ちしております。建物診断も無料で実施しております。診断後は建物の状態やお客様のご要望に合わせて工事プランをご提案させていただきますので、お住まいのことでお困りのことがございましたら、ぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る