現場レポート

大阪府摂津市 外壁塗装工事 雨戸の下地処理〜下塗り〜上塗り

2021.11.19

雨戸ケレンの画像

大阪府摂津市の外壁塗装工事の現場にて雨戸の下地処理〜下塗り〜上塗りを行いました。

雨戸は付帯に含まれる箇所です。

 

現在の雨戸は枠がアルミになっていて、表面のところはスチールが使われているものが多いです。

スチールは経年劣化すると色があせてきて見栄えを落としてしまいますので外壁と一緒に塗装をしてあげましょう。

それでは雨戸の塗装作業をご紹介していきます!

 

【雨戸 下地処理〜下塗り〜上塗り】

雨戸ケレンの画像

 

最初にケレンを行います。

 

施工前は塗布面に古い塗装が残っていますので、塗装が密着するように取り除いておくことが大切です。

 

また、塗布面が荒れている状態でもありますので、研磨材で磨いて平滑にしていきます。

 

下地処理についてはこちらの「塗装前の下地処理」をご覧ください。

 

雨戸下塗りの画像

 

下地処理の後は下塗りです。

塗装するところは鉄部ですので、下塗り剤は錆止めを塗ります。

 

錆止めは塗装に付着力を上げるだけでなく、錆を防ぐ性能があります。

下塗り剤は素材によって違いますので、材料選定を間違えないようにすることが大切です。

 

使用する塗料は見積もりに記載されています。

工事前によく内容を確認しておくことをお勧めします。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

雨戸塗装の画像

 

下地処理、下塗りと完了したら最後に上塗りです。

上塗りは基本的に2回行います。

 

業者によってこの工程を「中塗り〜上塗り」、もしくは「上塗り1回目、上塗り2回目」と表記の仕方に違いがあります。

 

言葉の違いだけでどちらも同じ作業になります。

仕上げ剤の塗装は2回行うのが一般的で、メーカーが推奨する塗膜の厚さがあります。

 

塗装回数も大切ですが、塗膜の厚みで性能が変わってきます。

もちろん厚ければいいというものではありませんし、塗膜が薄くなっていると耐久性が落ちます。

 

ちゃんと指示されている塗膜厚を確保して仕上げていくことが大切なため、塗装後の厚みを確認することが大切です。

 

塗料のことをもっと知りたいという方はこちらの「塗料について」をご覧ください。

 

【木製の雨戸は腐食に注意しましょう!】

昔のお家は雨戸が木製なところもあります。

 

木材は水を吸ってしまため、その性質上、反りや歪みが起きて建て付けが悪くなってしまうことも。

 

雨戸が変形してしまうと修正するか、交換になってしまいますので、なるべく長持ちさせるためにも塗装をして水を吸わないように保護することが大切です。

塗装はいろいろな劣化症状が出てきますので、塗装のタイミングを逃さないようにしましょう!

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状には要注意」をご覧ください。

 

当社が実施する無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

“mu”

 

大阪府摂津市・豊中市・茨木市・寝屋川市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ドクターホームズへお気軽にご相談ください。

 

大阪府摂津市の外壁塗装・屋根塗装店【ドクターホームズ】


大阪府摂津市・吹田市・寝屋川市の外壁塗装・屋根塗装・防水リフォーム専門店
ドクターホームズ
https://doctor-homes.jp/
住所:大阪府摂津市東別府1丁目2-29-3

お問い合わせ窓口:0120-857-016
(8:00〜20:00 不定休)

対応エリア:大阪府摂津市、他

★ 地元のお客様の施工実績多数掲載!

施工実績  https://doctor-homes.jp/case/
お客様の声 https://doctor-homes.jp/voice/

★ 塗装工事っていくらくらいなの?見積りだけでもいいのかな?

➡一級塗装技能士の屋根、外壁の無料点検をご利用ください!
無理な営業等は一切行っておりません!

外壁屋根無料診断 https://doctor-homes.jp/inspection/

★色を塗る前にシミュレーションしたい、塗装以外の工事方法はないの?  どんな塗料がいいの? 業者はどうやって選べばいいの?

➡ どんなご質問でもお気軽にお問い合わせください!
お問い合わせ https://doctor-homes.jp/contact/


外壁塗装の施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

大阪のお客様の声

もっと見る